特定非営利活動法人東海循環器病診連携フォーラム 心臓疾患 発症予防法 日本医療 救命処置 動脈硬化 高血圧症 高コレステロール血症 糖尿病

 トップページ > 医療関係者向けサイト > ニュース一覧 > ニュース詳細

ニュース一覧

医療関係者向けニュース

2013年8月24日 (土)

 

講演会
これからの慢性心不全の治療目標は在宅期間を延ばすことで実地医家が主役!!
~実地医家に必要な新しい水利尿薬・サムスカの基礎知識~

 

第53回東海循環器病診連携フォーラム
「これからの慢性心不全の治療目標は在宅期間を延ばすことで実地医家が主役!!」と題して講演会を開催しました。82名の専門医が参加され、盛況のうちに終了しました。

 
日 時:2013年8月24日(土) 16:30~19:00
場 所:名古屋観光ホテル 3F 「那古の間」 名古屋市中区錦1-19-30

 

参加者:医師 医療関係者 82名

 

Opening Remarks
   名古屋第二赤十字病院 副院長兼循環器センター長 平山 治雄 先生

 

アナライザーシステムを用いた症例提示とQ&A-Ⅰ
   名古屋第二赤十字病院 副院長兼循環器センター長 平山 治雄 先生

 

特別講演
   座長:名古屋第二赤十字病院 副院長兼循環器センター長 平山 治雄 先生
   ☆腎臓専門の立場から
    「腎機能低下時の心不全治療~利尿薬の有効な使い方~」
名古屋第二赤十字病院 腎臓内科・血液浄化療法部部長 稲熊 大城 先生
☆循環器専門の立場から
「利尿薬治療の最前線:水利尿を使いこなす」
三重大学大学院医学系研究科 循環器・腎臓内科学 講師 土肥 薫 先生

 

アナライザーシステムを用いた症例提示とQ&A-Ⅱ
   講師の先生方からコメントを戴きます。

 

Closing Remarks
   愛知県内科医会 会長 太田 宏 先生

 

日本医師会生涯教育講座認定:2.5単位 カリキュラムコード9、24、45、66、73が認定されています。

 

共 催: 大塚製薬株式会社 

 

◆講演会の案内ポスター(PDF)

講演会の案内ポスター

 


↑ ページ先頭へ