特定非営利活動法人東海循環器病診連携フォーラム 心臓疾患 発症予防法 日本医療 救命処置 動脈硬化 高血圧症 高コレステロール血症 糖尿病

 トップページ > 医療関係者向けサイト > ニュース一覧 > ニュース詳細

ニュース一覧

医療関係者向けニュース

2012年11月16日 (金)(11月28日更新)

 

講演会 

~ 高血圧症(3.5人に1人)とSAS(20人に1人)が循環器疾患の長期予後に及ぼす影響 –高血圧症とSASへの早期・適切な介入の重要性と治療のポイント– ~

 

第50回循環器病診連携フォーラムを開催しました。当日は悪天候にもかかわらず、58名の専門医が参加され、盛況のうちに終了しました。

 

日 時 : 平成24年11月17日(土) 16:00~19:00
場 所 : 名古屋クレストンホテル 9F 「ゴールドクレストン」
名古屋市中区栄3-29-1 Tel 052-264-8000
対 象 : 医師 医療関係者  58名

 

総合司会
名古屋第二赤十字病院 副院長兼循環器センター長 平山 治雄 先生

 

症例検討Ⅰ アンサーアナライザーを用いて

 

特別講演Ⅰ
「 SASと循環器疾患 -高血圧の原因といえば?- 」
東京女子医科大学 循環器内科 弓野 大 先生

 

特別講演Ⅱ
「 高血圧は慢性心不全! 急性心不全を発症させないために何をすべきか? 」
日本医科大学武蔵小杉病院 内科・循環器内科 教授 佐藤 直樹 先生

 

症例検討Ⅰ アンサーアナライザーを用いて

 

ご挨拶
愛知県内科医会 会長 太田 宏 先生

本フォーラムは日本医師会生涯教育3単位の対象となっております。

 

共 催:第一三共株式会社 

 

講演会のご案内ポスター PDF

 


↑ ページ先頭へ